2021年05月27日

コーヒー作ってみました〜収穫から焙煎まで〜

尼崎市都市緑化植物園「緑の相談所だより」最新号のテーマはコーヒーノキです。

s-P1220122.jpg

そちらに書ききれなかった、「収穫から自家製コーヒーを作るまで」をご紹介します。


温室のアラビカコーヒーノキは樹高4mぐらいの立派な木です。
P1190193.jpg


去年の6月にたくさん花を咲かせてくれました。
KIMG1411.jpg


果実は緑色から10カ月ほどかけて、赤色に変わっていきます。
P1060265.jpg


4月。収穫です。
P1200947.jpg

ツヤツヤに赤く熟したコーヒーの果実はコーヒーチェリーと呼ばれます。
コーヒーチェリーの中の種子がコーヒー豆になります。
P1200973.jpg


種子を取り出します。ヌルヌルしています。
P1200977.jpg

一晩水に付けておくと、ヌルヌルが落ちやすくなるそうです。
よく洗って乾かします

P1210013.jpg
今回はドライフルーツメーカーで乾燥しました。

P1210015.jpg


種子のまわりにはクリーム色をした内果皮がついているので、すりこぎで叩いて脱穀します

P1220006.JPG
中の種子は緑がかっています。
P1220003.JPG


次はいよいよ焙煎作業です!鍋にコーヒー豆を投入。
P1220021.JPG

焦げやすい!弱火にして火から30cm離し、まんべんなく鍋をまわします。
P1220022.JPG
4分程ではぜる音がしました。蓋つきの鍋の方がいいですね。
さらに10分鍋をまわし続けます。

コーヒー豆っぽい色になりました。こんな感じでいいのかな…?焙煎終了!
P1220035.jpg

冷ましながら、ふるいで薄皮を取り除きます。
P1220037.jpg


コーヒーの愛好家の方にお借りしたミルで
出来たてコーヒー豆を挽きます。
P1220045.jpg

うん、いい香り!

P1220066.jpg

あとはドリッパーで淹れるのみ。

P1220072.jpg

2杯のコーヒーが出来上がりました。少しずつボランティアさんと分け合って飲んでみると
とっても美味しかった!
いつも温室で見ているコーヒーノキですが、今まで以上に感謝と愛情が湧き上がってきます!
これからイベントなどで皆さんと一緒にコーヒーが作れるといいな。

お家でコーヒーノキを育てて、飲むほどの収穫量は難しいかもしれませんが、
焙煎まで同じ要領で、炒ったコーヒー豆にチョコレートをコーティングして
スイーツにすると数粒の収穫から楽しますよ。



posted by スタッフ at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。