2018年08月25日

8月25日(土)森づくり定例活動

昨日未明に日本海に抜けた台風20号がここ一ヶ月ほど
続いている水不足を解消してくれたようである。
園内の木々や芝生も少しは元気を取り戻したような気がする。
本日の活動メニューはタネまきと少量種、希少種の植替えを
第二圃場で行う。
その後、はじまりの森に移動してセミ産卵用枝の観察や
ナラ枯れ対策用粘着シートの確認などを行う予定である。
まずは作業上の注意事項確認、作業の進め方などに
ついて説明を受けた。
DSCI0459.JPG
ヤナギタデのタネまきを行いました。
DSCI0468.JPG
サクラバハンノキやウツボグサなどの植替えも行いました。
DSCI0469.JPG
はじまりの森へ移動しセミの産卵状況について調査を
行なう。
産卵用枝20本中19本に産卵の後が
ある事を確認しました。
DSCI0477.JPG
ピンボケですが真ん中の枯木についた傷がセミの
産卵痕です。
DSCI0478.JPG
次にナラ枯れ対策用粘着シートをはがしカシノナガキクイムシ
の確認が行われた。どうやら一匹発見されたようである。
DSCI0471.JPG
DSCI0472.JPG
粘着シートを外すと同時にヤモリが飛び出してきました。
(ヤモリは調査対象外です。)
この森で生存が確認されたのは最初らしい。
DSCI0474.JPG
最後に室内講義が行われた。
植栽基盤と養生管理、森づくりの今後の計画や
最終の完成イメージなどの話が行われた。
DSCI0480.JPG
お疲れ様でした。何時もご苦労様です。
台風が過ぎ去っても暑さは解消せず。
もう暫くは気を抜かずに暑さを乗り切りましょう。
by tamii


posted by スタッフ at 14:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする